忍者ブログ
福岡筑紫野の本格経絡リンパドレナージュケアによる◎オールインワンサロン◎
Admin / Write / Res
<< 06   2017/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
サイトメニュー
バーコード
フリーエリア
関連サイト
最新コメント
最新トラックバック
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア

[324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



肩コリ


お聞きする中で


一番多い悩みです


みなさんはどうされていますか?


毎日の様に体じゅうにシップを貼ったり


何ヶ月も何年も毎週のようにどこかへ通ったり


これは一生付き合っていかなければいけない


あきらめていませんか?







最新の医学


肩こりや首コリなどの部分的痛みの原因は


筋膜のヨレによるものだと発表されました



筋膜


卵の殻の内側の全体を包む白い膜のように


体全体の筋肉を包む膜のことを指します


この膜は全て一枚でつながっていて



例えば背中の中央でヨレが生じ


肩の付近の筋膜を引っ張り


肩の付近の筋膜にもヨレが生じる



これが肩こりの正体だと


分かったのです


そして


肩をたたいたり、もんだりしても


ほとんど意味が無い


まして


バキバキ関節を鳴らすなど


危険なだけで、もちろん意味も無い


ということも最新の医学で分かったのです



肩をたたいても、揉んでも一向に改善しないのは


その時はその付近の代謝が高まって


体が一時的に軽く感じる一種の錯覚を起こし


その流れは、洗面器の中で起こした渦の様に


しばらくしたら波のなかった元に戻り


また静かに重く感じる


この繰り返しをしているだけだからなんです



ではその改善法は何か。。。



体全体の緊張をゆるめ


できる限り体全体の流れを均一化する


これに尽きます


痛い施術は、ほかの場所に痛みを移し


悪くすれば痛みの場所が拡大、重症化する


とも述べられています



本当は、こんなこと


ある程度以上、この世界に従事する人は皆


とっくの昔に気付いていたのですが


日本人の耐えたその先に何かあるという


日本人独特の国民性


痛い施術が好まれ流行ってしまった


そして経営のために痛い施術を取り入れ


東洋医学ではタブーとされる


部分的施術やクイックマッサージも


ニーズがあるという理由から広がっていった


という時代背景があったのです




私もずっとこの事を言い続けてきたのですが


多勢に無勢で耳を傾けてくれる人は少なかった。。。


やっと最新の西洋医学や科学から


本当のことを後押ししてもらえました


これからは時代が本来のへ戻してくれることを


願うばかりです



セルフケアではストレッチと規則的な食事


最善の方法といえます


万年慢性的な肩こりや首コリから脱却したい方


是非ご相談を!


これからが変わるかもですよ☆






左右サイドバーのサイトメニュー

←  興味のある項目をクリックして下さい  


関連内容の記事が表示されます
お問い合わせはこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


むくみ、冷え、肩こり、腰痛、頭痛などの体質改善
ダイエット、美脚、小顔、アンチエイジングのサポート
心と体のブラッシュアップができる隠れ家エステサロン

福岡エステ

本格経絡リンパドレナージュケア

筑紫野市二日市の
オールインワンサロン

AsianReStyle
アジアンリスタイル

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
Copyright ©  AsianReStyleアジアンリスタイル All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]